勉強の仕方 教育本 習い事まなびぃ 習い事教室

習い事教室まなびぃのお問い合わせが増えてきたので、パンフレットスタンドを変えてみました。

更新日:

本校の入り口のところにあります。

 

教室の雰囲気がわかるように、写真をたくさん貼り付けてみました。

 

まなびぃのスローガンは、

「楽しい楽習(がくしゅう)習慣が、きっと本物の学習習慣につながるよ」

 

です。

習い事なので、学習時間は1回40分と短いですが、慣れてくると、1授業1科目80分授業でビシッと学習できるように育ててまいります。

 

中学生や中学受験クラスの小学生を指導していて思いますが、

 

勉強は、学習習慣で決まります。

千鳥の「クセがすごい!」ではありませんが、勉強できる癖(習慣)を手に入れれば、苦もなく勉強で結果が出ます。

 

仕事も、スポーツも楽器の演奏も一緒だと思います。

 

上手くなるためには、

嫌々やっていて、人より抜きに出ることは難しいでしょう。

 

しかし、できるようになるにはかなりの苦痛をともなったり、地道な努力が必要となります。

 

だからこそ、

歯を磨くぐらい、「結果が出る言動」が毎日の当たり前になれば、良いのかな?と僕は考えています。

 

そして、「その習慣化が難しいんじゃないですか」と言われそうですが、

 

習慣化のコツを本で読み、僕も実践しています。

 

「毎日できるレベルにまでハードルを下げて目標設定し、昨日もできた、今日もできたという状況を作る」ことだそうです。

 

できるようになると、

 

簡単にできることはつまらなくなる。

 

だからまた、少し上にハードルをあげて、「できる」をたくさん体感することだそうです。

 

「できたことノート」という本にも書いてありましたが、

 

できたことを書くだけで、

 

自信が湧いてきて、もっともっとできる人になるそうです。

 

できない事に目を向けるんじゃなく、できた事に目を向けて感謝する。

 

その意識があれば、

「やらなければ」ではなく、「できたら良いな」で「できちゃった」になるとのことです。

 

苦手なことは、ハードルを下げる。

得意なことは、思いっきりハードルを上げる。

 

不得意を克服しようとすると苦手意識が強まるが、得意分野を伸ばそうとすると、弱点が弱点ではなくなるそうです。

 

長所が引っ張り上げられると、短所も一緒に引っ張られて、全体のレベルが上がるんだそうです。

 

できないことを見ない。

できそうな目標を決めて、できるという状態を作る。

 

そしていつの日か、

得意だからおもいっきりハードルを上げて挑戦したいですね。

 

習い事教室は、得意を発見する場所(教室)です。

 

新しい習い事を始めて見ませんか?

ご参加お待ちしております。

 

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

-勉強の仕方, , 教育本, 習い事まなびぃ, 習い事教室

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.