くずは本校 中学受験 勉強の仕方

「入塾の決め手が国語でした」と言っていただきありがとうございます。枚方市樟葉の学志館

投稿日:

国語が、前で答え合わせをするのではなく、一人一人できるまで頑張らせるんですね。

 

そう言っていただき、嬉しかったです。

 

担当の野川ともよく話すのですが、

 

学志館の国語は、少人数クラスだと一人一人前に持って来させて個人別に採点します。

 

村山の考えを端的に表す例として、いつも「15文字で答える問題」のお話をさせていただきます。

 

15文字で答えなさい。

この問題に対して、必ず、惜しいところまで来ていて答えられない2パターンの生徒に分かれます。

 

①5文字程度のピンポイントの言葉は答えられるが、15文字に肉付けできない生徒。

 

②30文字程度で、「この辺が答え」というのは合っているが15文字に要約できない生徒。

 

こうした場合の解説を前ではできません。数問程度であれば両方に対応した解説が可能かもしれませんが、全問となると時間が足りないので必然的に「こうして」→「あーなって」→「こうなります」という先生の解説を聞くこととなり、

 

聞いたらわかった気になりますが、自分ではほぼ解けません。

 

弱点が一人一人違うのです。

解法の問題ではなく、答えには至っているけど、何とは無しに気持ちが悪い答えを整える指導は、一人一人の方が圧倒的に繊細に行えます。

 

担当する講師も、その子の思考や、どこで引っかかっているのかもすぐにつかめます。

 

そして本当に素晴らしいのは、それを「最後まで考えさせ、答えを言わないところが良い!」とおっしゃられた、その生徒さんの方だと思います。

 

 

勉強から逃げている子は、先生からのチェックを嫌います。

 

実力を丸裸にされることから逃げて、授業を聞いていれば良いとばかりに影に隠れようとします。

 

できるまで頑張るというのがすごく新鮮でよかった!と言っていただけたということは、正に勉強ができるようになって欲しいという学志館の思いと、

 

勉強ができるようになりたいと思っている子供の思いが同じであるから起きたことだと思い嬉しかったです。

 

やり直しを「答えを見て終わりとしない」と学志館は指導しております。授業でも時間がゆるす限り「できるまで頑張らせます」

 

 

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

-くずは本校, 中学受験, 勉強の仕方,

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2018 All Rights Reserved.