勉強の仕方 未分類

なぜ間違いやすいのか?を分析し、その癖を徹底して修正する。枚方市樟葉の進学塾学志館

更新日:

 

昨日は国語の時間で問題ありな学習姿勢を指導していました。

 

小さな字で漢字を書くので、間違って覚えていました。

 

「このぐらいの大きさで書いてみようか」と言うと、「小さくても大丈夫、ちゃんと書けている」「お母さんから、ノートがもったいないから、小さく書くように言われている」などなど、沢山のワードが出てきましたが、僕は聞き入れません。

 

はい!プロの塾の先生の言う、こうしたら間違いにくいよっていう方法に「はい!」って言ってやってみること。

 

そう言って、させます。

僕は、仮に変な方法でも、本人が結果を出していたら、(将来的にこんな問題が起きるよと)忠告はするのですが強制はしません。

 

しかし、「できていない者、結果出していない者がルールを決めるのはあり得ない」と言って、出来ていないことをできるようにする努力を生徒さんに課します。

 

学習姿勢が整う前のお子様の場合は、特にノートは、贅沢にゆったり使うべきです。

 

日付や問題番号をノートの最初に書くこと。

 

問題を詰めて解くのではなく、1列ずつ問題番号を揃えて書き解いていくなど、

 

どこでこの子は引っかかっているのかな?と分析し、そこを修正していきます。

 

間違えやすいのには理由があります。

 

それは、間違いやすいように計算したり書いたりしている、子供さんの気づいていない悪い習慣です。

 

それさえなくなれば、グッと正解率が上がります。

 

でも本人は悪気もなければ、それが自然なので、今の快適な(間違いやすい)行動を続けます。続けると(間違いやすい書き方の)それが習慣化されます。

 

繰り返し行う行動が、悪いから結果が出にくいのです。

 

 

親子でこうしたやりとりをすると、たいがい喧嘩が起きて子供が言うことを聞かなくなりますが、塾ではみなさん素直に頑張ってくれています(僕が怖いだけかもしれませんが)。

 

その子のことを思って、本気だからこそ、ちゃんとしないと厳しく注意される場があった方が良い。僕はそう思っています。

 

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

LINE@登録

友だち追加

-勉強の仕方, , 未分類

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2019 All Rights Reserved.