村山の個人的ブログ

な?先生の言った通り、1冊のノートだけにしよう。枚方市樟葉の進学塾学志館

投稿日:

村山の方から、ノートの使い方指導を行っております。

 

僕は、バインダー型ノート1冊(ルーズリーフ使用)だけでいいと思っています。

 

ある生徒さんのお話です。

整理整頓が苦手で、カバンの中はぐちゃぐちゃ、「解答持ってる?」と聞くと、ごそごそ探し始めて。。。。

 

こんな時、勉強できない時間が発生するのが嫌なので、「わかった。先生が探してあげるから、君は勉強すること」とします。

 

・・・・・・出てくる出てくる。。

ノートが10冊出てきました。

 

彼の塾での受講科目は2科目です。

多くてもノート2冊だと思うのですが、カバンの中から10冊のノートが出てきました。

 

な?

たぶん、お母ちゃんと「あんたノートどこ行ったん?」「わからん。。。なくした」とかを繰り返した結果、こんなことになったんやろ?

 

こんな状態であれば、そもそもノートを見返すなんてことをしていないと推測します。

 

子供たちを見ていて思いますが、

ノートを「とることが目的」で、後で利用しない。

そんな子供の様子が見えると、ものすごくもったいないと感じます。

 

 

東大生のノートというのが流行りましたが、東大生にノートをとる目的をアンケートでとった結果、最も多かった答えが

 

「再現性の高いノート」

「再現できるようにノートをとっている」

 

という再現性というキーワードでした。

それは、「たとえ100%忘れていたとしても、ノートを見たら100%再現できる」事を目的としてノートをとっているという事です。

 

人は忘れます。

その時のためにノートをとっています。

もちろん、ノートをとることで「その時に覚える、理解する」という事を行っていますが、それだけで終わらせるのはもったいないですし、学習が得意な子供は、ノートをうまく利用できているともいえます。

 

まずは、1冊で良いよ。

1冊50円や100円で、「なくしたら新しいノートを買おう」というようなノートではなく、人生を変える、常に持ち歩く1冊のノートを買い、持ち歩こう。

 

そして、その使い方を指導していきますね。

人生を変える1冊のノートを持つこと

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

LINE@登録

友だち追加

-, 村山の個人的ブログ

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2019 All Rights Reserved.