学志館の愛すべき生徒たち 村山の個人的ブログ 高校受験

学びを結果に変える。中3女子の頑張り。枚方市樟葉の進学塾学志館

投稿日:

中学生の中間テストが近づき(枚方三中は既に終わり、期末へ向けての学習ですね)、中学生が夕方の早い時間から自主的に勉強に来ています。

 

「村山先生!質問できる?」

「ごめん、先生授業中やねん。事務で空いている○○先生に質問してくれる?」

 

「・・・・え~。。。。私あの先生知らんし、質問しにくい」

そうです。大抵の子は、彼女の様になるのが当たり前で、誰にでも話しかけられるような人はなかなかいないと言えます。

 

僕なんか、何百人参加のパーティでも、一人外を眺めながら誰とも話すことなく黙々とご飯山盛り食べて、デブへの道をまっしぐらに突き進む自信がありますが、

仕事となれば違いますし、何か得ようと思ったり、(殻に閉じこもった自分とは)違う自分を目指す!違う結果を得たい!と思ったら、

小さな自分の限界を突破しなければなりません。

 

そうです。勇気をもって一歩前へ進まなければいけないのです。

 

「わかる。でも一歩前に。限界突破に挑戦してみようか。”先生、この問題教えてもらっていいですか?”って一歩前へ踏み出してみよう」

 

 

何度か、

「え~。でも。。」を繰り返しながらも、彼女は前にでました。

 

頑張ったね。

できるできないの前に、こうした姿勢が重要なんだよ。

一歩前に。そして学びを結果に変えるためには、「昨日の自分を越える努力」が必要なんだ。

 

僕は、教えることも大切ですが、こうした「心構え」を大切にしています。

その意味を、よく子供たちに語ります。

 

教えてもらう内容は、最良の解き方など、ある意味「誰が教えても最適解は同じ」であるでしょう。

 

しかし、「何を教えてもらうか、どう教えてもらうかよりも、誰に教えてもらうかの方が重要である」という言葉があるように、

 

 

ただ教えてもらだけの効率化なのであれば「最高級の映像授業を観る」ことで解決されると思いますが、

小学生や中学生は、そうはなかなか上手くいきません。

 

人が関わる意味があると信じています。

そして、「勇気をもって、人と関わる行動」で未来は変わります。

僕は、運は人が運んでくると考えていますし、

誰に出会い、誰から教わり、誰と関わるのかで人生が変わると思っています。

(先生たちは、そんな君たちに「先生に出会えてよかった。ありがとう」と言ってもらえる指導を心がけます)

 

本当に頑張ったね。

小さかったかもしれないけど、「一歩前に」出れたね。

 

 

一歩前へ。小さな限界突破への挑戦。

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

LINE@登録

友だち追加

-, 学志館の愛すべき生徒たち, 村山の個人的ブログ, 高校受験

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2019 All Rights Reserved.