仕事 教育本 新しい個別クラコベ

今の自分を超えた活躍をしたいのなら、「今までと同じで良いわけがない」

投稿日:

 

実は数日前に本屋で見ていて、

『いや、まだ読んでない本も溜まっているし、買わないでおこう』と思っていたのですが、18日の地震で次女を学校まで迎えに行く際、やはり気になって仕方がなく買ってしまいました。↓

 

ぼくたちは習慣で、できている:佐々木 典士

僕は若い頃から、

「この人はどうしてこんな能力が高いんだろう」

「あの人の、あの良さは、どこから来るんだろう(なぜあんなに良いと思うんだろう)」

など、仕事をしだしてから、ものすごく人に興味を持つようになりました。

 

そうして見ていると、

良い雰囲気がするのには理由があり、

 

そのために、笑顔の練習や、

話し方の練習をした人、

 

その苦労を惜しげもなく教えてくれた人もいれば、教えてくれなかった人もいますが、

 

そこで気づいたことは、

 

良いことはどんどん真似すれば良いということでした。

 

 

 

勉強ができない人は頑固です。

自分の(結果の出ない)勉強法を変えようとしません。

 

結果が出ないのに変えないんです。

 

仕事で結果を出さない人、出世できない人も同じだと感じます。

 

こうした人に、「どうしたん?損するだけやろ?どんどん良いと思うところを吸収してやったらいいやん。全ては無理でも、自分に合うものがきっと見つかるんじゃないの?」

 

と言うと、必ずといって良いほど、返ってくる答えは、こうです。

 

「今までそうでしたし、変われません」

或いは

「私は○○さんと違うんで無理です」

 

 

頑固〜〜っと思うのですが、

自分が良いと思っていないのなら別にいいけど、良いと思ってるのにやらないっていうのは、やはり何か違うと思うんです。

 

勉強が苦手な子の中でも大きく二つに分かれる感じです。

 

言われたら「そうか!」と思って素直にやるタイプ(アホな村山タイプ=大器晩成型。将来出世すると思います)と、

 

変わることを頑なに拒否るタイプです。

 

僕は、「やってみたら良いのに」

「やってみて合わなければ別の方法探せば良いのに」

 

「それ(失敗)すらも楽しめばいいのに」と思っている方なので、お節介に、あーしろ、こーしろうるさい方です。

 

でも、

習慣って、なかなか一人では身につかないんですよね。(というより、自分では気づけないんです)

 

そんな時はいい場所に身を置くというのはどうでしょうか。

 

みんなが頑張っていたら頑張れる。

 

みんなが明るければ、明るく頑張れる。

 

励ましてくれる人がいるから、「よし、もう一度やってみよう」と思える。

 

そして、時に厳しく、

「なんで逃げる?ダメだとわかっているのに、どうしてやらない。それを逃げているといい、そのままでいいわけがない。

 

できなくても良いから挑戦しろって」

と村山から言われることで、

 

できるようになる習慣を手に入れて欲しいと思っています。

 

習慣とは、すらっと苦もなく自然にできる状態です。

 

習慣は繰り返し行うことで身につくとされています。

 

であるならば、

 

勉強の習慣や仕事で結果を出す習慣は、

 

きっと、正しい努力を長く続けることによって、得られるのだと思います。

 

この本にあった、

才能は「与えられる」ものではなく、習慣を続けた果てに「作られる」ものだからだ。

と思える努力家が学志館に集まって来て欲しいですし、

 

今いる子たちは、この意味がわかる子達だと感じます。

 

頑張ろうね。君の身につけている習慣が、今の君の全てであり、結果であると思って(自戒の念を込めて)。

 

そして、変わりたいのならば、「今のままでいいわけがない」ですし、

 

生徒たちの成績同様、

「今の位置でキープ。このままでOK」と思っている人は、成績が下がる(上を目指している人に追い抜かれる)ように、現状維持は衰退です。

 

僕も、新たな素晴らしい習慣を身につけるべく、まずは、10キロダイエットに挑戦しています。

ブログランキング

■1クリックしていただけると励みになります! 塾教育ランキング

LINE@登録

友だち追加

-仕事, , 教育本, 新しい個別クラコベ

Copyright© 枚方市樟葉/楠葉/くずはの塾・教室:学志館くずは本校・美咲校Blog , 2019 All Rights Reserved.